DABJAPAN

Appleシリコン「M1チップ」搭載の新型Macの特徴を解説

約10分
Appleシリコン「M1チップ」搭載の新型Macの特徴を解説

Apple Event 2020 11月のイベントでAppleシリコン「M1チップ」搭載のMacが3種類登場!

なんと予想しないM1チップという名前でApple Siliconが誕生しましたね。

「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」それぞれのスペック比較やM1チップの特徴について解説させて頂きます。

それでは早速ですが今回の新型Macの主な変更点を簡単にリストアップしていきます。

新型モデルの特徴

  • プロセッサがApple Silicon 「M1」チップになった
    最大8コアCPU、前モデルより最大3.5倍高速化、GPUは最大5倍の速さ
  • 価格を値下げした
  • ユニファイドメモリによって処理速度アップ
    メモリ16GB以内で処理ができる
  • バッテリーが長持ちするようになった
  • 電力効率60%以上アップ
  • 冷却ファンの改良で静かにorファンなしに
  • ストレージが最大2TB
  • Thunderbolt×2・USB4 ポート×2
  • WiFi6に対応

スペック比較

新型Mac性能比較
MacBook Air MacBook Pro Mac mini
チップ Apple M1チップ
8コアCPU
8コアGPU
16コアNeural Engine
Apple M1チップ
8コアCPU
8コアGPU
16コアNeural Engine
Apple M1チップ
8コアCPU
8コアGPU
16コアNeural Engine
メモリ 8GBのユニファイドメモリ
(最大16GB)
8GBのユニファイドメモリ
(最大16GB)
8GBのユニファイドメモリ
(最大16GB)
ストレージ 512GB SSD
(最大2TB)
512GB SSD
(最大2TB)
256GB SSD
(最大2TB)
サイズ 高さ:0.41~1.61 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
重量:1.29 kg
高さ:1.56 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
重量:1.4 kg
高さ:3.6 cm
幅:19.7 cm
奥行き:19.7 cm
重量:1.2 kg
カラー シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
シルバー
ポート 2つのThunderbolt
2つのUSB 4ポート
2つのThunderbolt
2つのUSB 4ポート
2つのThunderbolt
2つのUSB 4ポート
HDMI 2.0
ディスプレイ Retinaディスプレイ
13.3インチ
2,560 x 1,600ピクセル標準解像度、227ppi
400ニトの輝度
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
Retinaディスプレイ
13.3インチ
2,560 x 1,600ピクセル標準解像度、227ppi
500ニトの輝度
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
なし
キーボード バックライトMagic Keyboard
Touch IDセンサー
バックライトMagic Keyboard
Touch Bar
Touch IDセンサー
なし
カメラ 720p FaceTime HDカメラ 720p FaceTime HDカメラ なし
オーディオ ステレオスピーカー
指向性ビームフォーミング
を持つ3マイクアレイ
ハイダイナミックレンジ
ステレオスピーカー
指向性ビームフォーミング
を持つスタジオ品質の
3マイクアレイ
内蔵スピーカー
3.5mmヘッドフォン
ネットワーク 802.11ax Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0
802.11ax Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0
802.11ax Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0
冷却ファン なし(ファンレス設計) あり 1-4番目のセル
バッテリー 49.9Whリチウムポリマー
ワイヤレスインターネット
最大15時間
Apple TVアプリのムービー
最大18時間
58.2Whリチウムポリマー
ワイヤレスインターネット
最大17時間
Apple TVアプリのムービー
最大20時間
価格(税別) 129,800円 154,800円 72,800円

M1チップについて

M1チップ

新型のチップですが「M1」と命名されました。

これが今回の肝となっており、マック専用のチップになります。

こちらのM1チップでは、「CPU」「GPU」「メモリ」を組み合わせて1つにまとめた統合型のチップとなっております。

M1チップが重視しているのは電力効率で、少ない電力で高いパフォーマンスを発揮するように設計されています。

このM1チップの中身をさらに解説させて頂きます。

8コアCPUについて

M1チップのCPU
8コアCPUの構造

M1チップでは8つのCPUが搭載されております。

そのうち4つはAppleが世界最速と言うほどの高速なハイパフォーマンスCPUが内蔵されております。

この高速CPUで高負荷になる処理を担当しており、残る4つのCPUは電力消費が従来のCPUより10%で作業出来ると言われており、この高効率のCPUで低負荷の作業を担当します。

この2種類のCPUを使い分ける事で、MacMiniでは電力消費が6割以上良くなったと言われており、8コアCPU自体も約3倍速くなっております。

8コアGPUについて

M1チップの8コアGPU

グラフィックスを主に担当するのは8つGPUと16枚のニュートラルエンジンになります。

この統合型グラフィックス機能で、2万5千近くのスレッドを同時に処理をする事が出来ます。

例えば、複数の4Kビデオをスムーズにストリーミング再生する事も出来ますし、クリエイターの方は映像処理をする際にストレスなく編集をする事が可能となりました。

他にも複雑な3Dシーンのレンダリングが可能となり、ゲーム分野でも高いパフォーマンスが要求されるものでも軽快にプレイする事も出来るでしょう。

ユニファイドメモリについて

ユニファイドメモリ

M1チップの中でも面白いのが、このユニファイドメモリの役割です。

これは、今回のM1チップで新たに採用されたのですが、上記で説明した「CPU」「GPU」「ニュートラルエンジン」で使用されるメモリが、本来分散されて処理されるのですが、このユニファイドメモリはそれを1つのパッケージとして統合し共有することで処理が非常に効率化・高速化しております。

このシステムのおかげで、16GBという少ないメモリで問題もなく、さらに冷却ファンも必要ないという事が言われております。

新型Macのまとめ

Appleの発表会を見る限りでは、本当に今回の新型Macは自信を持っているようで、とにかく高速でバッテリーが長持ちをするというのを仕切りに言っています。

とはいえ、発表されてま間もないので懸念もあります。

  • iOSの移植について
  • ニュートラルエンジンの処理する種類について
  • ファンなしモデルや冷却ファン改良の影響

こういった事は、使用者の新鮮なレビューが増えることを期待しましょう。

MacBook Airの購入はこちらから

MacBook Proの購入はこちらから

Mac Miniの購入はこちらから

この記事を書いた人

CHIKARA
日本の40年周期説はご存知ですか?

【1865年】幕末の志士
日本は外国の植民地になる瀬戸際でした。
しかし、志士たちが草莽のごとく現れて日本を立て直してくれました。

【1905年】日露戦争
日本の20倍もある国力の強国に辛勝し、日本も強国の1つとなりました。

【1945年】第二次世界大戦
日本は敗戦し、また幕末のような志士が現れるのを待つことになります。

【1985年】バブルピーク
高度経済成長でバブルの頂点を迎え、日本はどん底から這い出ました。

【現在】
バブル崩壊から長らく、日本は下り坂を転がる一方です。
しかし、世界の第一線で戦う企業の志士達が今もなお活躍してくれています。

前置きが長くなりましたが、日本人の技術やアイデアで、次の40年後も明るい日本を子供たちに見せてあげたいと思うじじいでした。
Follow :

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Tweets